Member Blog
メンバーブログ

これが僕が思ううちの強み

こんにちは!
キャリア入社3年目の徳田です。

お盆休みも終わり、早いものでもうすぐ秋ですね。
9月になれば僕は入社して4年目に突入します‼︎

入社してもうすぐ4年が経つ僕が思う、うちの強みは「自分達で創っていく」という機会が多いことだと思います。
例えば、社員旅行や忘年会などの社内イベント、採用や育成のプロジェクト、勉強会…
前職では、つくられているものに参加する機会はありましたが、うちは自分達で創っていくという機会が多いです。

一つのことを長い時間をかけて考えてつくっていくことはやっぱり大変ですよ。
上手くいかないこと…多すぎ‼︎笑

大変ですけど、その一つ一つが自分の成長を実感できたり
人と関わることで自分の足りていない部分に気づかされること多いです。

そういった機会に沢山参加してみて学んだことの一つに場の雰囲気をつくることの重要性があります。
「場の雰囲気をつくる」ということは自分のことだけでなく
周りの人の事を考えるということに繋がっているなと思えるようになりました。

もし、雰囲気がつくられないまま自分達で何かをつくっていくことを進めたら
まぁ上手くいかないことが多いです。

誰かが話をしている時は手を止めて、目を見てきく。しっかり頷いて反応する。
発言する方も、相手の聞きやすい声の大きさやスピードにする、簡潔に伝える。
当たり前のことなんですけど、中々出来ていない瞬間ってあるんですよね。
まずそういった当たり前のことができて、活気のある雰囲気をつくったり、
集中できる雰囲気にしたりコントロール出来ると思うんです。

「場の雰囲気をつくれる人」が多ければ、足すが掛けるになって強いチーム、強い組織が出来上がっていくんだと思います。
そういったことが出来てくると日々の営業や日常生活でも活かせることが多いと感じてます。

出来上がったものでなく、自分達で創っていく機会が多いことは、
ポジティブな面だけではないですが僕はうちの強みだと考えています。

だから、後輩には機会を提供することをしていきたいですし、
場をつくることを大切にしたい、僕はそう思ってます。

写真はお盆休みの長期休暇中に、うちのメンバーと香川県までうどんを食べに行った時の写真です。
全部で4件うどん屋さんをハシゴしました。

「次、どこのうどん屋さん行く?」
「じゃんけんで負けたら、詳しそうな顔の人に声かけてオススメのお店をきいてこよや、じゃんけーん…」

引き続き仕事でも、遊びでも、場の雰囲気をつくることを大切にしながらメンバーと
思いっきり関わっていきたいと思います。

ブログ写真

2015年入社 徳田勝士

■2018年度新卒 企業エントリーはこちら
リクナビ2018

■キャリア採用に関しては、こちら
リクナビNEXT>>「インテリジェンスオフィス」で検索!

一覧に戻る