Member Blog
メンバーブログ

「営業」なんて自分に向かない。なんなら嫌い。

と、入社前は真剣に想ってました。入社9年目の高野です。
現在、採用コンサルティンググループという部署で、チーフをさせて頂いています。
突然ですが、最近、リクナビをご掲載頂いているとあるお客様から大変嬉しいお言葉を頂戴しました。

「御社の方はいつも私と一緒に悩んで、考えてくれる。だから良いと思っている。」リクナビなどの求人広告の世界、
または、育成や組織づくりなどの人材業界、
もっといえば、世の中の事全部かもしれませんが、正解らしき事を求める事はできますが、
する前から「これが正解!」という事はわかりません。その中で僕たちが出来る事は、
お客様と同じ立場に立ち、一緒に悩み、議論し、どうするのかを決め、振り返りをして改善していく。
という事に尽きると思っています。
僕が嬉しかったのは、

1)上記のような<何が正解かわからない中で、一緒にやっていく姿勢>に評価を頂けた事。

しかもそれが、

2)高野さんが~ ではなく、 御社の方は~ と言って頂いた事。

インテリジェンスオフィスは、そんな信頼感のある人たち と見て頂けている。
この事のすごさと有り難さをしみじみと感じました。

冒頭の通り、就活時期に、「<営業>なんて自分に向かない。なんなら嫌い。」と思っていた僕は、
営業=お客様にペコペコ頭下げて、大変な想いをして、仕事をとってくる。と勘違いしていました。

でも本当は、
(人と、そして時には自分自身と)議論をし、正解がわからない中で正解を決めて動く。事が根源にある。

そしてその事に気づいた事は、自分の人生において確実にプラスに働いています。

就活においても、何が正解か?なんてわかりません。
あえて言えば、自分が納得いくまで考えて、悩んで、決めた事、それが正解だと思います。

高野 写真
※写真は、営業1年目の時に先輩からもらった手紙。
答えを求める前に行動をおこす事の大切さ、という内容です。
同じような事を言ってますね(笑)

2008年 入社 高野 有麻
■2018年度新卒 企業エントリーはこちら
リクナビ2018
■キャリア採用に関しては、こちら
リクナビNEXT>>「インテリジェンスオフィス」で検索!
一覧に戻る